丸山製茶直売店 茶菓きみくら
  • お茶の産地・掛川
  • 掛川茶と健康
  • 掛川茶の歴史
  • おいしい淹れ方
  • お茶の豆知識
  1. 鮮やかな緑色と甘味のある深い味わいを最高の状態でお楽しみいただくために、掛川茶のおいしい淹れ方をご紹介します。
  2. 1.水道水を沸騰させたまま3~4分置くか、ろ過機を使用して塩素臭を取り除きます。
  3. 2.人数分の湯呑にお湯を8分目ほど注ぎ、70~80℃まで冷まします。温度が高すぎると、カフェインの苦みが溶け出しやすくなるので注意しましょう。
  4. 3.湯冷ましをしている間に、お茶の葉を急須に入れます。1人あたり約2gが適当です。急須は網目の細かい深蒸し用を使用しましょう。
  5. 4.冷ましたお湯を急須に注ぎ、30秒程そのままにしてお茶が浸出するのを待ちます。浸出する時間が長いとカテキンの浸出が多くなり渋さが増します。
  6. 5.一人一人のお茶の濃さが均一になるように、少しずつ順に湯呑に注いでいきます。最後の一滴まで注いだら、2煎目もおいしく飲めるように急須の蓋を少し開けておきましょう。
  7. 6.2煎目はお湯を急須に入れてから10秒程待ってから注ぎ入れましょう。

<お茶の保存方法>

  • ●お茶は湿気や匂いを吸収しやすいので、お買い上げの後は涼しい場所に保管し、茶缶などに小出しして使うことをおすすめします。
  • ●湿気を防ぐために、機密性の高い容器を使いましょう。
  • ●容器は冷暗所へ。なるべく火や暖房の近くに置くのは避けましょう。
  • ●冷蔵庫で保管する際には、真空パックされた物はそのままで保管しても大丈夫です。
  • ●開封後のお茶は冷蔵庫に入れずお早めに飲まれることをおすすめします。冷蔵庫に保管する際には、茶缶に入れビニールテープで密封し、それをビニール袋に入れてさらに密封するなど、他のものの匂いがうつらないよう注意しましょう。

  • お茶の産地・掛川

    イメージ

    輝かしい受賞歴の数々!
    全国有数のお茶の産地・掛川

    その深い味わいは多くの人々を魅了し、全国茶品評会においては最高賞の「農林水産大臣賞」を多年度に渡り受賞。今や掛川は全国屈指のお茶の名産地として知られています。

    詳しく読む
  • 掛川茶と健康

    イメージ

    誰もが認める品質と味わい。
    掛川が生み出した「深蒸し」製法

    掛川市は、人口10万人以上の市区町村の中で「がん」による死亡率が最も低く、高齢者の医療費も全国平均より20パーセント以上も低いといわれています。

    詳しく読む
  • 掛川茶の歴史

    イメージ

    掛川茶のはじまりを
    ご紹介します

    掛川市においては、戦国時代に和田岡村高田(掛川市内)の永住寺の改築にあたり、檀徒が京都方面の寺院を視察した際にお茶の種子を持ち帰り、掛川の土地に播いたのが始まりだといわれます。

    詳しく読む
  • おいしい淹れ方

    イメージ

    掛川茶のおいしい淹れ方を
    ご紹介します

    鮮やかな緑色と甘味のある深い味わいを最高の状態でお楽しみいただくために、掛川茶のおいしい淹れ方をご紹介します。

    詳しく読む
お茶の豆知識

Copyright(C) 2013. Maruyama Tea Products Corporation. All rights reserved.
ページトップ