丸山製茶直売店 茶菓きみくら
  • お茶の産地・掛川
  • 掛川茶と健康
  • 掛川茶の歴史
  • おいしい淹れ方
  • お茶の豆知識

掛川が生み出した「深蒸し」製法

日本で緑茶がつくられるようになったのは、1191年に臨済宗の開祖・栄西禅師が中国の宋から茶の種を持ち帰ったことが発端だといわれています。この種からつくった茶園でとれた種が京都・高山寺の明恵上人の手に渡り、さらに、高山寺の茶園からお茶の種が各地に伝わって、全国にお茶の文化が広がりました。

掛川市においては、戦国時代に和田岡村高田(掛川市内)の永住寺の改築にあたり、檀徒が京都方面の寺院を視察した際にお茶の種子を持ち帰り、和田岡村吉岡原(掛川市内)に播いたのが始まりだといわれます。
時の城主・山内一豊が小夜の中山(さよのなかやま)峠で徳川家康を掛川のお茶でもてなしたという逸話もあります。

江戸時代に入ると茶の生産が本格化し、さらに明治時代には広大な牧の原台地を開拓して大茶園が開かれ、生産量も増加。掛川茶はアメリカなどの海外に輸出されるまで成長しました。

昭和30年代の高度経済成長期には、開墾と同時に「やぶきた」種の普及が進みました。さらに、「深蒸し」の製法を編み出したことにより味わいが大幅に改善され、掛川茶は大きな進歩をとげました。

掛川茶はもともと煎茶でしたが、葉肉が厚く渋味が強いのが難点でした。そこで、味をまろやかにするために編み出されたのが「深蒸し」製法です。この製法により、美しい色と自然の甘味が引き出された掛川茶は次第に多くの人々に親しまれるようになっていきました。

現在では、日本のお茶の約半分を生産しているお茶処・静岡県において、その生産量の約1割を掛川茶が担っています。

イメージ



  • お茶の産地・掛川

    イメージ

    輝かしい受賞歴の数々!
    全国有数のお茶の産地・掛川

    その深い味わいは多くの人々を魅了し、全国茶品評会においては最高賞の「農林水産大臣賞」を多年度に渡り受賞。今や掛川は全国屈指のお茶の名産地として知られています。

    詳しく読む
  • 掛川茶と健康

    イメージ

    誰もが認める品質と味わい。
    掛川が生み出した「深蒸し」製法

    掛川市は、人口10万人以上の市区町村の中で「がん」による死亡率が最も低く、高齢者の医療費も全国平均より20パーセント以上も低いといわれています。

    詳しく読む
  • 掛川茶の歴史

    イメージ

    掛川茶のはじまりを
    ご紹介します

    掛川市においては、戦国時代に和田岡村高田(掛川市内)の永住寺の改築にあたり、檀徒が京都方面の寺院を視察した際にお茶の種子を持ち帰り、掛川の土地に播いたのが始まりだといわれます。

    詳しく読む
  • おいしい淹れ方

    イメージ

    掛川茶のおいしい淹れ方を
    ご紹介します

    鮮やかな緑色と甘味のある深い味わいを最高の状態でお楽しみいただくために、掛川茶のおいしい淹れ方をご紹介します。

    詳しく読む
お茶の豆知識

Copyright(C) 2013. Maruyama Tea Products Corporation. All rights reserved.
ページトップ